注文住宅を設計するなら、扉は要注意です。扉は重要なパーツですが、時にはそれが障害物になってしまうからです。特に階段付近などは、注意する必要があります。
2階建ての注文住宅を作るなら、もちろん階段も必要です。しかし階段を上りきった場所は、扉は要注意なのです。
人によっては、階段を上りきった2階部分に扉を設置してしまっています。その扉が開いた時が、やや危険なのです。扉が開きますと、階段の上の部分が通行止めの状態になってしまいます。
また扉を開ける時も、やはり危険なのです。例えば住宅内にて、誰かが階段を上がってきたとします。それで上りきったのとほぼ同時に、扉が開いてしまう事があるのです。その扉が当たってしまいますと、大変危険な状態になります。扉が衝突した事で、階段から転げ落ちてしまう実例もあるのです。
ですから、少なくとも階段付近には扉は設置しない方が良いでしょう。あまり危険な所に扉を設置しないよう、注意が必要です。